ラブカフェで出会えた女のお酒でほてった身体で汗だく中出しセックス満喫

ラブカフェ

「千葉県 船橋市 28歳 会社員 男性 S.N」

 

ラブカフェって、それ程知名度のある出会い系サイトではないかもしれません。最初、私もラブカフェってどうなの?という気持ちはありました。

 

しかし、こういう出会い系サイトだからこそ、普通の女の子ではなくコアな女の子と出会うことが出来るかもしれないと思い始めました。

 

ラブカフェで出会えた女のお酒でほてった身体で汗だく中出しセックス満喫

 

インターネットで検索して、一番にラブカフェが表示されるということではありませんが、ここでも20万人を超える会員数があって、ラブカフェで大人の出会いを求めている人たちが多いようです。

 

さて、大人の出会いとはなんなのでしょうか!! 私はああして、こうして、そうなることが大人の出会いだと思いますが…

 

女性も、ラブカフェあたりを利用するとなれば、結構出会い系サイトに対しての扱いにも慣れていて、かなり積極的な女性が多い感じです。

 

欲望をぶつけるだけのセックスを満喫

 

出会い系サイトって、女の子にセックスを求めるだけでないと思うのです。マジメな交際がしたいという男性もいらっしゃるでしょう。

 

そのような男性は、ラブカフェではなく他の出会い系サイトがいいと思いますよ。ラブカフェには、そんなマジメな女の子はいないという感じがします。

 

しかし、ディープなセックスを求めている、それも欲望を全部ぶつけるだけのセックスを求めている女の子と出会いたいというのなら、ぶっちゃけラブカフェあたりが一番手っ取り早いと思います。

 

私はあんまり詳しいことはわからないですが、欲情丸出しのセックスがいいという女性が集まる出会い系サイトには、マジメな女性が立ち寄ることが出来ない条件というものが揃ってしまうようです。

 

こんなところで真剣な交際をしたいと思って女性を求めても、女性たちは野性的に飢えている、愛情の需要がない、ただセックスがしたいヤツラばかりです

 

性欲強めの女の相手は体力勝負

 

性欲とは一体なんなのでしょうか。性欲がある程度の弱さを持っているから、女性は愛そうとか、相手の気持ちを尊重しようとか、いろいろ理性的判断が生まれて来ると思います。

 

しかし、セックス欲の強い女性は、そのような理性を何もかも遮断させてしまって、ただただ肉弾でセックスと向きあっている感じでしょう。そのような女性は、体育系といってもいいかもしれません。

 

私が、今回、ラブカフェで出会った女の子も、やっぱりそんな女の子でしたよ。

 

ラブカフェでは、そんな性欲満々の女の子が、眼力のある、ギラギラした眼差しで、コッチを見ているような気がします。

 

これはサクラではない……という気持ちも私はすぐにしましたね。

 

サクラもラブカフェでは、もうちょっとなんとかしないとサクラとしての役割を果たせないでしょという感じです。

 

サクラとの遭遇ゼロ%、それは、その前に、欲情満々の女の子と出会ってしまうからでしょう。

 

食欲も性欲も強いタフな女と獣のようにセックスした

 

サクラはプロフィールに、あなたをギンギンに満足させます、なんて色っぽいメッセージを掲載したりします。

 

こんな男性を挑発するメッセージはサクラ、というような注意喚起がよくされていますが、ラブカフェでは、ズッコンバッコン、今宵ディープな夜を楽しみましょうと……。

 

ラブカフェで出会えた女のお酒でほてった身体で汗だく中出しセックス満喫

 

 

これを拾ってみれば、本当にセックスに飢えている女性の切実なる懇願なのです。

 

男性たちはセックスをしたいと思えば、あからさまにセックスをしたいと訴えることが出来ても、女性たちにとって、そうは思ってもなかなかそれを公然と声にすることが出来ない社会が存在します。

 

だからこそラブカフェは、女性たちにとってかなり貴重な存在とも言えるでしょう。

 

私は、ある25歳のフリーターの女の子と出会ったとき、女の子を救ってあげている……という気持ちになりました。

 

飢えているのは男性ではなく女性、男性は敢えて言ったら、キリスト様のような温かい眼差しです。

 

お互い人生初の汗だくセックスで乱れる

 

セックスのために出会い、セックスに燃え、セックスが終了したらチリヂリになって別れていく……、そんなセックスがいいのなら、なかなか他の出会い系サイトでは実現することが出来ないでしょう。

 

お互い人生初の汗だくセックスで乱れることが出来れば、人間とは……という結論も、導き出すことが出来るでしょう。

 

お淑やかにしている女性だって、こんな荒れたセックスの欲求がゼロかと言えばそうではありません。

 

それを、隠す理性となんぞや、それを露わにする野性は人間ではないと誰が言うことが出来るでしょうか。

 

私も、セックスしたくて仕方がないフリーターの女の子だって、間違いなく人間なのです。

 

彼女とは自己紹介なんてほとんどなかったですよ。最初、女の子は、ちょっと恥ずかしい顔をして、セックスしたい欲求を隠してはいましたが、厚木インターエリアのラブホテルで、もうすぐに我慢出来なくなってしまって。

 

何を女性が求めているかといえば、ストレートに「セックス」なのです。愛でも、余韻でも、ふれあいでもなく、彼女が求めているのはセックス。セックス自体が、コンニチワの挨拶でスタートし、サヨナラの挨拶で終了します。

 

「はじめまして、私は立花アイカです」なんて言葉も全然意味がありませんよね。

 

ちょっと照れた女の子を、私は肩をちょっとつつくような感じで、厚木インターエリアのラブホテルへと方向の指示をしたまでです。

 

彼女は、私の指示のまま大人しくついてきました。そこには真に人間として素直に生きているという空気が漂っていました。

 

汗も愛液も精子も絡み合うとろとろHがクセになった

 

ラブホで、彼女が求めているセックスは受動的Mのセックスでした……。それを私は知らぬから、ラブホに到着して、しばしのまどろっこしい間が……。

 

それで、私がS対応かと言えば、今まで私をそうとは思っていませんでしたが、充分受け答えることが出来たことに驚きが……。

 

出会い頭に厚木のラブホで、MとMが向きあってしまって、長い沈黙がずっと長く続いてしまうこともあるのでしょうか。恐いですね。

 

私達のセックスはそういうのでは全然なく、汗も愛液も精子も絡み合うとろとろHという感じです。彼女とは、セックスのパートナーとして非常に相性も良く、私は彼女の頬を2発、3発はり倒し、女の子は、涙を流しながら感激の嗚咽の声を漏らしています。

 

体の相性抜群の相手に出会えた

 

こんな女の子は、絶対にMの男性とは合ってないでしょう。

 

サクラの問題とか、出会い系サイトでは本当に出会うことが出来るのか……という悩みを持っている人たちが多いですが、おおかたラブカフェでは、上手くM要素、S要素がマッチングするかも大きなポイントです。

 

何度も言うようですが、セックスのための出会い系なら尚更、MとM、SとSが出会ってしまうほど悲劇はなく、出会い系のプロフィール項目には、しっかり私はMとか、私はSとかわかりやすく掲載してある必要があると思います。

 

私は、彼女とセックスしたあと、いまいちど、彼女のプロフィールを確認してみましたが……、M派ということは全然書いていない……と思いきや、長々とした長文のあと、「私Mです」と付け加えがありました。

 

出会い系サイトのプロフィールは、一生懸命長文書くのもいいですが、こういうことにもなってしまうので、伝えたいことを簡潔に書くというのがいいでしょう。

 

私はと言えば、今後Sということを、はっきりとプロフィールに明記しましょう。

 

どんどんエスカレートする激しいセックス

 

彼女とのセックスは、セックスとして単調に終わるということではなく、セックスの深みにどんどんはまっていく感じです。

 

セックスは、セックスしたい二人によって相乗的に育っている感じがし、まるで我々は、芸術品に関わっている感じもします。

 

生中出しセックスがいつでもOKに

生中出しセックスでは、子供が誕生してしまうリスクもあると、ついつい思ってしまうものかもしれません。しかし、我々のセックスは、それを超えた何ものかです。

 

私達のしているセックスは、子孫繁栄の観念も超越してしまう何かです。

 

生中出しセックスがいつでもOK、セックスして疲れれば、寝て、起きればまた再びセックス、彼女は、タバコを吸い、カロリーメイトを食べた後には、再び、受け身体勢に……。

 

そこから誕生するモノのは、セックス以外何ものでもありません。セックスの皮をどんどん剥いていってもそこにはただ背信のセックスがあるばかりです。

 

ラブカフェでちゃんと出会えました!

 

ラブカフェで出会えた女のお酒でほてった身体で汗だく中出しセックス満喫